「ありふれたくじら/Ordinary Whales Vol.2」是恒さくら

「ありふれたくじら/Ordinary Whales Vol.2」是恒さくら

1,200 円(税込)
今号では、米国アラスカ州のポイント・ホープという、先住民・イヌピアットの町で聞き集めた鯨の話をまとめています。
ポイント・ホープはイヌピアットの言葉で「ティキアック(人差し指)」と呼ばれ、その名の通り、細い半島が人差し指のように北極海に突き出した場所にあります。北米大陸で人が繰り返し住み続けてきた、最も古い場所のひとつとされるこの場所は、一年間の半分以上、雪と氷に閉ざされてしまうものの、巡る季節とともに鯨・アザラシ・セイウチ・カリブー・さまざまな魚や鳥が訪れる、狩猟者にとってはとても豊かな土地です。皮舟を漕ぎ鯨を追い、銛で仕留めるという昔ながらの鯨猟をつづける、イヌピアットの人たちの物語から、鯨とはなんなのか、ということを探りました。(作品紹介より)
数量:

商品の特徴

「ありふれたくじら/Ordinary Whales Vol.2」是恒さくら

仕様:B6サイズ/本文62ページ/モノクロ/無線綴じ製本
発行者:是恒さくら

※写真と実物の色味は、若干異なる場合がございます。予めご了承ください。

カート

合計数量:0

商品金額:0円