ART BOOK TERMINAL TOHOKU 2020

もっと楽しむ

本を作ってみよう 折丁製本のしくみ

2020.6.19

今年で9回目を迎えるABTT2020は、現在エントリー受付中です。
ご応募いただいた作品は、シグにて2020年8月1日(土)から 8月23日(日)の間、展示・販売を行います。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、オンラインのみでの展示・販売になる可能性があります。

まだまだお家にいる時間の多い日々が続いているかと思います。

ちょっと今年は応募してみるかなあ、とぼんやり思ったりしませんか。

エントリー締め切りは6月30日。まだ、間に合う!

ということで、皆さんの思いが形になるよう「基本のき」のような製本方法の仕組みを

ご紹介できたらと思い、スタッフが実際に作ってみました。

 

折丁製本の仕組み

一枚の紙を折って、綴じて、切って、製本する方法です。

用意するもの:A4の紙/ホチキス/ハサミまたはカッター/ペン

①半分におります。そしてそれをまた、半分におります。

②ページ番号を振っていきましょう。
(写真の番号の振り方は横書き仕様です。縦書きにしたい場合は反対側から。)
ABTTの応募条件には「表紙、裏表紙も含めて、8ページ以上あるもの」とあります。クリア!

内側もこうして開いて忘れずに。

③紙を広げてみます。

なるほどこういう風に内容を配置すればいいのね、ということが見えてきました。

④綴じて、切ってみます。
もう一度元のように折りたたんで、背を簡単にホチキスで留めてみます。

次に、袋状につながっている部分を切り落としてみます。

さて、開いてみましょう。

1ページずつ、めくれるようになりました。
1枚の紙が、8ページの1冊に。ワクワクします。

応用して、もう少し大きな紙を使って折る回数を増やしたり、
複数を束ねて綴じて1冊にしたり、
表紙をつけてみたり、
切り方を変えてみたり、
穴を開けて紐を通して綴じてみたり。

工夫次第で色々できそうですね。いやいやシンプルに行くぞ、も素敵です。

ぜひこの仕組み使ってチャレンジして、ABTTへご応募くださいね。
お待ちしております。

お問い合わせ


企画:Cyg art gallery
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
TEL & FAX :019-681-8089
twitter: cyg_morioka

お問い合わせはこちら メールフォーム 


サイト内の情報・画像の転載を禁じます。
© Cyg art gallery