exhibition

これからの予定一覧

アーツライブいわて 街なかアーツライブ MORIOKA
美術企画公募展「日常の創造」~日々を紡ぐ手~


文化庁令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」の一環として開催される「アーツライブいわて」街なかアーツライブMORIOKAのプログラムの一つとして、美術企画公募展「日常の創造」~日々を紡ぐ手~を開催いたします。


展覧会概要

名称 美術企画公募展「日常の創造」~日々を紡ぐ手~
会期 2021年1月16日(土)ー1月31日(日)火・水休業
会場 Cyg art gallery & Toast(盛岡市内丸16-16)
内容 美術企画公募展「日常の創造」〜日々を紡ぐ手〜では、招待作家に加えて、多様なつくり手を公募いたします。主旨に共感する方であれば、年齢・性別・障害の有無・作家歴は問いません。
本展では、身近な素材を用い、その手を通してものづくる人たちを紹介します。実は、わたしたちもに日常的に、料理をつくったり、その日の洋服を決めたり、もちあわせたものを選び組み合わせて、ものづくることをしています。そう思うと、わたしたちの日常は、自分で思うよりずっと創造的とも言えます。
本展で紹介する表現物は、もちあわせたものでこの世界を切り拓いていく術を示してくれるものだと考えます。日常に潜む創造性に気づいたとき、世界をもっと愛おしく思うことができるかもしれません。そんな願いを込めて、本展を開催いたします。
招待作家 佐々木早苗、しもかわらさとこ
[左]佐々木早苗《無題》2008-09年 [右]しもかわらさとこ《ヒカリノムコウガワ》2019年
関連企画 料理にまつわる映像の配信を企画中 料理:橋本玲奈

募集要項

募集は終了しました。
応募条件 ・主旨に共感する方
・本展覧会の会期・会場に自らの表現物・創作物(以下作品と呼ぶ)を出品することが可能な方
・作品の形態・形式は問いません。
・日本語でのコミュニケーションが取れる方(代理の方を介してのコミュニケーションも可)
・年齢・性別・国籍・障がいの有無、作家歴は問いません。(ただし、未成年者は保護者の承諾を得ること)
応募締切 10月26日(月)必着
受取日から3日以内にメールまたお電話にて応募受付の旨ご返信いたします。返信がない場合は、お手数をおかけしますが再度確認の連絡をお願いいたします。
応募後の流れ(予定) ・11月5日(木)までに、審査結果をご連絡いたします。
 出品が決定した場合は、リサーチ・作品の選定にご協力をお願いいたします。
・11月中に出品作品・搬入出方法などを協議の上決定します。搬入出にかかる経費は基本的には当方が負担予定ですが、予定額を超える場合は負担できない場合があります。制作費の一部は負担予定です。
・12月ごろから、展覧会の広報を開始いたします。
・1月14日(木)までに会場へ作品を搬入いたします。作品は基本的にスタッフが展示します。
・2月1日(月)以降、作品を返却します。
そのほか ・ご不明な点がありましたら、お気軽にお尋ねください。
問合せ先 本プログラムコーディネーター:Cyg art gallery
合同会社ホームシックデザイン 〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
TEL&FAX 019-681-8089(Cyg art gallery内/10:00-18:00)
文化庁令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」
主催:文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、アーツライブいわて実行委員会
共催:盛岡市 企画制作:NPO法人いわてアートサポートセンター
後援:岩手県、(公財)岩手県文化振興事業団、岩手県芸術文化協会、岩手日報社、朝日新聞盛岡総局、読売新聞盛岡支局、毎日新聞盛岡支局、産経新聞盛岡支局、河北新報社、盛岡タイムス社、岩手日日新聞社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手