「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法-
  • NEW

「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法-

550 円(税込)
日々、障害者支援の現場で生まれる表現を「どのようにアーカイブしたらいいだろう」という問いから生まれた本。
作品の整理や管理、撮影方法、ウェブサイトのつくりかたなど、デジタルアーカイブについての取り組みが丁寧に紹介されています。

監修:須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部講師、メディア環境学)

著者:
奥山理子+武田幸子+阪本結 [みずのき美術館]
津口在五+三宅良子 [鞆の津ミュージアム]
岡部兼芳+大政愛 [はじまりの美術館]
数量:

商品の特徴

「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法-

仕様:A5サイズ/本文80ページ/カラー/無線綴じ製本
発行:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

※写真と実物の色味は、若干異なる場合がございます。予めご了承ください。

カート

合計数量:0

商品金額:0円