exhibition

2017.5.27-6.18
佐佐木實
イは人の象徴であるかもしれない

佐佐木實 イは人の象徴であるかもしれない

盛岡市出身の美術家、佐佐木實のシグで2回目となる展覧会。
近年、佐佐木が制作しているカタカナ一文字シリーズより「イ充つ」のシリーズを展示します。音や意味から解放された文字は、記されることでまた別の動きを持ち、形が生成されます。「イは人の象徴であるかもしれない」というように、イは人を表しているのか、または別のことを表しているのか。佐佐木の与えた動きには、どのような意味が含まれるのか、踊りだしたのは文字なのか絵なのか図なのか。 そこから見え聞こえるものをお楽しみください。

日時 2017年5月27日(土)-6月18日(日)
11:00-19:00/無休
会場 Cyg art gallery
入場 無料
作家プロフィール 佐佐木實(ささき・みのる)
盛岡市生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程藝術学専攻修了(美学)。フランス国立社会科学高等研究院博士課程言語学専攻修了。博士(言語学)。

出展歴
2017年 個展 『イ充つ 二』新潟絵屋(新潟)
2015年 個展 『イ充つ』新潟絵屋(新潟)
2014年『明日の仕事、12人』展 Gallery彩園子(岩手)−(個展「ヒ象る」で参加)
2014年 個展 新潟絵屋(新潟)
2013年『Art Gent 2013』Flanders Expo(ベルギー ゲント)
2013年 個展 OGU MAG(東京)
2012年 個展『書書葉葉』Cyg art gallery(岩手)
2012年『1年後のIMA』岩手県立美術館
2011年『特別展示 佐佐木實の書』砂丘館(新潟)
2011年 個展 新潟絵屋(新潟)
2011年 個展 盛久ギャラリー(岩手)
2009年 個展 盛久ギャラリー(岩手)
2001年 個展 Comptoir des écritures(フランス パリ)
1997年 個展 村松画廊(東京)

作品収蔵
富山県立山博物館 まんだら遊苑 天界窟 五號窟(作品制作および空間設計)(1995年)

受賞
平成二十二年度岩手県美術選奨

Event

「ミノルのへや」

佐佐木實を中心にゲストの作家たちと話を進めるトークイベント。ゲストはこれまでにCygで展示をした岩手在住の作家、出町隼人(でまち・はやと)と増子博子(ますこ・ひろこ)。それぞれの制作や手法について思うこと、考えることなど、どんな話が聞けるのか。 
入場はご予約のお客様が優先となります。Cyg店頭または、電話・メールでご予約ください。メールフォームからもご予約いただけます。


日時 2017年5月27日(土) 19:30〜(19:15開場)
ドリンク付き 1000円
場所 Cyg art gallery