Cyg art gallery | 東北の作家に焦点を当てた企画展ギャラリー

東北の作家に焦点を当てた企画ギャラリー&ショップ

「もののけのあはれ」 Cyg Rental Wall

meく

「もののけのあはれ」

2022.5.18〜5.22.

展覧会に寄せて


私は幼少から妖怪に関する話がとても好きです。それは、山や自然に人格を与えて書かれた賢治作品(これを賢治論の中では山人が極限状態の時に見る白日夢のようなものとしています)を読んでいた影響が大いにあると思います。
大人になってから、水木しげるさんの妖怪画壇という本を読んだ時に、あとがきにある妖怪感度という言葉がとても気に入りました。それは、"なにかあるものの気配を感じ取る力"のことで、水木氏は現代に欠けているものとしています。
"もののけのあはれ"とは日本の情緒を表す"もののあはれ"を文字ったタイトルです。
宮沢賢治作品や古典日本画へのオマージュを通し、もう2度と取り戻せない感性を取り戻そうとする私が見る白日夢を、今回の展示では表現しています。

meく

「もののけのあはれ」

会場

Cyg rental wall
(〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-8-15 パルクアベニュー・カワトク cube-Ⅱ B1F Cyg art gallery内)

日時

2022年5月18日(水)ー5月22日(日)
10:00–18:30

入場料

無料

作家プロフィール

meく (みく)

1989      岩手県花巻市出身
2014      独学で絵を描き始める
2015~   公募展への出展をメインに活動

 

〈主な展示〉


2016

第2回ミニアチュールzero展(彩画堂S-SPACE 、盛岡市)

世界絵画大賞展(東京都美術館 、東京都台東区)

2017

世界絵画大賞展(東京都美術館 、東京都台東区)

2018

FUKUIサムホール美術展(福井カルチャーセンターホール、福井県福井市)

 

〈受賞〉
2016        第2回ミニアチュールzero展(彩画堂S-SPACE 、盛岡市) 大賞

過去作品

「今日悲しいことはなにもなかった」2017、キャンバスに油彩  M30号

「 何処かの誰か、あるいは何かのために」2018、キャンバスにアクリル  SM

「双子の獅子」2020、キャンバスにアクリル 、F8号

感染症への対策対応について
お客様へのお願い
  1. 体調に変化を感じられている方はご来場をお控えいただくようお願いいたします。
  2. ご来場の際は、マスクの着用・手指の消毒または手洗いのご協力をお願いいたします。
  3. お客様同士の間隔が1m以上となるよう、距離を保ってご鑑賞いただくようお願いいたします。
ギャラリー内における感染予防対策

手指消毒液の設置、全スタッフのマスク着用 、店内の定期的な換気・消毒、入場制限(会場内の人数が一定数を超える場合)