Cyg art gallery | 東北の作家に焦点を当てた企画展ギャラリー

東北の作家に焦点を当てた企画ギャラリー&ショップ

SCHEDULE

内在するもの ー常設展ー
出町隼人、増子博子、森田梢
2023.1.14ー2.8
 このたび Cyg art gallery では、取扱い作家のなかから出町隼人、増子博子、森田梢をご紹介します。

 出町隼人は、青森県出身、岩手県在住の美術家です。岩手大学教育学部特設美術科で銅版画を学び、版による表現を続けながら、近年では立体作品やインスタレーションを精力的に発表しています。Cygでは、2014年に「エクサントリシテ」、2019年に「幻型」と2回の個展を開催。「幻型」では、集合的無意識(心理学者のユングが提唱した、個人を超え同じ民族や人類に共通して伝えられている無意識)に着目し、無意識が向かう先を問うインスタレーションを発表しました。
 増子博子は、宮城県出身で福島県・山形県・岩手県にも居住したことがある美術家です。宮城教育大学大学院にて銅版画を学んだのち、ペン画に移行。居住した各地の風土や伝承に刺激を受けながら、立体や映像など多様な表現方法を取り入れ制作しています。Cygでは2014年「ウロボロスと花かむり」、2016年「如何ともし難い壁」、2020年「よくよく、沃野」と3回の個展を開催。2013年から《側(カワ)の器》と名付けた日々のドローイングの制作を通して「言葉にならないイメージとは何か」をテーマに思考を続けています。
 森田梢は、福島県出身、在住のペインターです。東北芸術工科大学で油彩を学び、近年は⼈間の営みや精神性などに関⼼を寄せ、紙にペンやマーカーで描画したり、コラージュを用いた作品やZINEを制作しています。Cygでは、2013年に「Sup Rain」、2015年に「ZINEとその周辺」を開催し、2018年の「私はあなたの絵」では「⾃分を認めること」をテーマにドローイングやタブローを発表しました。

 アプローチは違えど、出町は無意識、増子は頭の中のイメージ、森田は自己肯定など、いずれの作家も人に「内在するもの」が共通項と言えそうです。わたしたちの内側にはなにが存在しているのでしょうか?ぜひ、作品を通して作家の思考に触れてください。

開催中

詳細へ

RENTAL WALL(展示中もしくは次の展示)

現在予定されている展示はありません

CALENDAR

2023 1月

1
  • Cygnus parede 2022→2023
2
  • Cygnus parede 2022→2023
3
  • Cygnus parede 2022→2023
4
  • Cygnus parede 2022→2023
5
  • Cygnus parede 2022→2023
6
  • Cygnus parede 2022→2023
7
  • Cygnus parede 2022→2023
8
  • Cygnus parede 2022→2023
9
  • Cygnus parede 2022→2023
10
  • Cygnus parede 2022→2023
11
  • Cygnus parede 2022→2023
12
13
14
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
15
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
16
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
17
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
18
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
19
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
20
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
21
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
22
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
23
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
24
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
25
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
26
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
27
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
28
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
29
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
30
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢
31
  • ー内在するものー出町隼人、増子紘子、森田梢