Cyg art gallery | 東北の作家に焦点を当てた企画展ギャラリー

東北の作家に焦点を当てた企画ギャラリー&ショップ

横たわろう、通過せよ

中嶋幸治

横たわろう、通過せよ

2022.9.17−10.12

概要


 青森県平川市 (旧平賀町) 生まれ、在住の美術家、中嶋幸治の個展を開催します。中嶋はこれまで紙や写真を繊細に扱った表現を展開しながら、主に私家版でつくる書籍の編集・出版、展覧会の案内状デザインなどでも活躍してきました。
 中嶋の作品に通底するテーマとして「人の痕跡の記録」や「移動」を見出すことができます。またどの作品も、視覚的な美しさもさることながら触覚的な魅力を備えていることも特徴です。
 今回の展示では、眠る、休む、病に臥せるなど、「横たわる」ことで見える視点と、風や渡り鳥が一方から他方へと流れ「通過」する視点、その二つをテーマに据えました。介護のため、長く拠点としてきた札幌からの帰郷を経た中嶋が、ドローイングや写真の新作を中心に発表する、東北では初めての個展となります。ぜひご高覧ください。

展覧会に寄せて・中嶋幸治の言葉


 私は身も心もぼろぼろだった頃、祈りとは何なのかという疑問を抱えながら一心不乱に走っていたことがある。低山の山頂と麓にある神社を100度の往復を目指して3カ月間1日も欠かさず走っていた。治癒をつかみとろうとしていたのだろう。ある時、遠方で暮らしている母が病に倒れ、手術を終えた後の面談の場で袋に入れられた肉腫を担当医から受け取り、たったいま母の体の内側から分離された生死を分かつものに触れ、幾重にも重なった複雑な感触に打ちのめされた。この出来事は走ることもつくることもケアに対する考え方も一変させたと思っている。
 
 その後、Covid-19によるパンデミックが世界中に深刻な被害をもたらし、私自身も遠く離れた故郷との往来が困難になる中、今度は父が病に倒れた。帰郷後、介護や求職や制度に連なる社会構造のひずみと正面から向き合う事態が続いている。このような定点において、個人的な事情を反映する表現に寄り掛かり、支えられていることを実感しつつ、つくることがすべてであってほしいと願う日々がある。
 
 頭上を渡鳥が飛び交い、飛行機が通り過ぎる。やってくる者、立ち去る者、向かう者を想像する。顔をあげて手を振る。清々しさに少しのさみしさが混じる。「横たわろう、通過せよ」はきっと、ここで意志を失わないようにするためのさえずりであり、生存を確認するための声なのだ。
 

中嶋幸治

横たわろう、通過せよ

会場

Cyg art gallery
(〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-8-15 パルクアベニュー・カワトク cube-Ⅱ B1F)

日時

2022年9月17日(土)ー10月12日(水)
10:00–18:30
9月17日−19日、10月7日-10日は19:00まで
会期中無休

入場料

無料

作家プロフィール

中嶋幸治/Koji NAKAJIMA

 

美術作家, 介護者, りんご農園手伝い. 青森県平川市(旧平賀町)生まれ. 暮らしのなかにあって見過ごしているような光景を観測・提示する試みを行う. 近年は自身の境遇から「立ち止まりながらつくること」を実践するための表現方法を追求している. 2021年帰郷, 在住. 主な展覧会に個展「風とは」(2014, TEMPORARY SPACE, 札幌) 「札幌国際芸術祭2014」(2014, 札幌) など. 

 

[ 個展 Solo Exhibitions ]

 
2014 [ 風とは ] Temporary space, 札幌
2010 [0m/s] Cafe esquisse, 札幌
2009 [ エンヴェロープの風の鱗 ] Temporary space, 札幌
2008 [ モーラ ] Temporary space, 札幌
2007 [Dam of wind,for the return] Temporary space, 札幌 

 

[ 主なグループ展 Selected Group Exhibitions ]

 
2020 [ サッポロ ・ アート さよなら昭和ビル ] CAI02, 札幌
2018 [ 物語のかけら ] 塩谷直美 (ガラス作家との 2 人展) CONTEXT-S, 札幌
2017 [ 分母第 2 号販売会 ・ 特集メタ佐藤-包み直される風景と呼び水-] Temporary Space, 札幌
2017 [ 日本ブックデザイン大賞 ] 秋山孝ポスター美術館長岡 ・ 蔵 , 長岡
2014 [ 札幌国際芸術祭 2014] 「時の座標軸」 札幌大通地下ギャラリー 500m 美術館 , 札幌
2013 [ さよならバグ ・ チルドレンをめぐる変奏 ] Temporary Space, 札幌
2012 [Northern Arts Collaboration “霜月” ] Gallery Monma Annex, 札幌
2008 [ サッポロ ・ アート ] CAI02, 札幌 

 

[ 出版 Self-published works ]

 
2017 [ 分母 #2] ( 日本ブックデザイン大賞 セルフパブリッシング部門入賞)
2013 [ 分母 ]
2007 [Packers]
2003-2005 [Zaland] 

 

[ 主なデザイン業務 Selected desigh works ]

 
2022 案内状 「光の子ども ーー言葉で描く。 絵で綴る。」 文月悠光 , 久野志乃 , GALLERY MONMA, 札幌
2022 案内状 「紙の仕事」 /馬渕寛子 , 古道具十一月 , 札幌
2020 案内状 「紙の仕事」 /馬渕寛子 , 古道具十一月 , 札幌
2018 案内状 「ふたたび、 花、 傍らに」 /村上仁美 ・ 鈴木余位 , Temporary space, 札幌
2015-2016 案内状 「怪物君、 歌垣」 /吉増剛造 , Temporary space, 札幌 , ( 共作 : 日章堂印房 )
2014-2015 案内状 「水機ヲル日、 ・ ・ ・ 」 /吉増剛造 , Temporary space, 札幌 , ( 共作 : 日章堂印房 )
2013 間奏歌集 「辺境 ・ 故郷号」 山田航 (かりん舎)
2013 すきとおったほんとうのたべもの/古館賢治 (NOODLES131) 

 

[ ワークショップ workshop ]

 
2016 Family Art Day in Moerenuma Park! (witart), モエレ沼公園 , 札幌 

 

[ 収蔵、 常設展示 Collection,Permanent exhibition ]

 
Temporary space, 津軽伝承工芸館 ・ こけし館

ウェブサイト・SNS

過去作品画像

《故郷をつくる》札幌国際芸術祭2014「時の座標軸」, 札幌大通地下ギャラリー500m美術館, 札幌, 2014
《Cast a cold eye / On life, On death / Horseman, pass by! / (クエルクスデンタータ・ホウガ) 》, 2018-2019
《月を踏む往来》シリーズの一部, 2020

感染症への対策対応について
お客様へのお願い
  1. 体調に変化を感じられている方はご来場をお控えいただくようお願いいたします。
  2. ご来場の際は、マスクの着用・手指の消毒または手洗いのご協力をお願いいたします。
  3. お客様同士の間隔が1m以上となるよう、距離を保ってご鑑賞いただくようお願いいたします。
ギャラリー内における感染予防対策

手指消毒液の設置、全スタッフのマスク着用 、店内の定期的な換気・消毒、入場制限(会場内の人数が一定数を超える場合)