Cyg art gallery | 東北の作家に焦点を当てた企画展ギャラリー

東北の作家に焦点を当てた企画ギャラリー&ショップ

きゅうに光があばれだして

渋谷七奈

きゅうに光があばれだして

2022.10.15−11.9

概要


山形県を拠点に活動するペインター・渋谷七奈の北東北では初となる個展を開催します。渋谷は、人間の精神性とそれらを取り巻く社会について獣や人体の変容として絵画を制作してきました。作品は、記号的なモチーフが分解/再構築された線に依る描き方を主軸としています。これまではフラットな質感や限られた色彩も特徴的でしたが、直近の作品ではそれらは解放に向かっているようにも思えます。
本展では、「ネアンデルタール人が死者に花を供えていた」という言説を着眼点として描いた作品を発表します。シルクスクリーン技法を用いた小作品も登場予定です。ぜひご覧ください。

展覧会に寄せて・渋谷七奈の言葉


昔、ネアンデルタール人は死者に花を供えていたそうです。これが本当かどうかは、まだ議論されています。それでも個人的に思うのは、目を覚まさない人たちが、生きているときに美しいと思ったものに少しでも囲まれるように、という願いが込められているのではないかと考えてしまうのです。目覚めたら、遠くへ行くなら、この花と一緒に旅をしてほしい。ネアンデルタール人が温かい人間的な感情を持っていたという私の希望的観測は、死者を悼むということが大昔から循環していることを現代でも信じたいがためなのだと思います。このことは、人間の儀礼的な習慣が、個人と組織的なエゴイズムに基づいてきたことを私に感じさせるのです。

渋谷七奈

きゅうに光があばれだして

会場

Cyg art gallery
(〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-8-15 パルクアベニュー・カワトク cube-Ⅱ B1F)

日時

2022年10月15日(土)ー11月9日(水)
10:00–19:00

作家在廊予定

10月15日(土)、11月9日(水)

※休憩などで不在の時間帯があります。ご了承ください。

入場料

無料

作家プロフィール

渋谷七奈/SHIBUYA Nana

宮城県生まれ

2017年 東北芸術工科大学 大学院 芸術文化専攻 修了

外界と接続しながら揺らいでいく人間とその精神性について、獣や人体の変容という形で、絵画を発表。近年は過去起こったことや、アノニマスな記憶、個人的なイメージをドローイングや絵画で描いている。

 

[受賞歴]

2021群馬青年ビエンナーレ2021  入選
2019ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2019 加藤泉賞  受賞
2015シェル美術賞 2015  保坂健二朗賞 受賞

[個展]

2022「Near and far view」artists space TERRAIN(京都)
2018「dope man」BOTAcoffee Gallery(山形)

[グループ展]

2022第16回ひじおり灯篭絵展示会  “ひじおりの灯”(山形)
“gird”  biscuit gallery  (東京)”TUAD-ART LINKS” A-新宿高島屋(東京)
2021第15回 ひじおり灯篭絵展示会  “ひじおりの灯”(山形)
“群馬青年ビエンナーレ2021″ 群馬県立近代美術館(群馬)
2020“シグセレクト2020″ cyg art gallery (盛岡)
山形ビエンナーレ2020 “まちとひと” TOMIHIRO Building (山形)
2019“ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2019”  
行幸地下ギャラリー 丸の内 (東京)
“KUMA EXHIBITION 2019” スパイラル(東京)
2018擬似マウンテン  CALM&PUNK Gallery(東京)
山形ビエンナーレ “山のような100ものがたり”  東北芸術工科大学(山形)
“floater”  BOTAcoffee Gallery(山形)

 

ウェブサイト・SNS

過去作品画像

〈誰?〉(2021)

 

〈おはよう〜(AM01:05)〉(2022)

 

〈おやすみ〜(AM01:00)〉(2022)

協賛

公益財団法人クマ財団

感染症への対策対応について
お客様へのお願い
  1. 体調に変化を感じられている方はご来場をお控えいただくようお願いいたします。
  2. ご来場の際は、マスクの着用・手指の消毒または手洗いのご協力をお願いいたします。
  3. お客様同士の間隔が1m以上となるよう、距離を保ってご鑑賞いただくようお願いいたします。
ギャラリー内における感染予防対策

手指消毒液の設置、全スタッフのマスク着用 、店内の定期的な換気・消毒、入場制限(会場内の人数が一定数を超える場合)